PAINLESS

痛みへの6つの配慮

患者様のお痛みに最大限の配慮をしています

1. 痛みへの配慮は治療前から始まります

お痛みのない治療への配慮は、治療の前から始まっています。
それは、本日行う治療の徹底的な説明です。
レントゲン写真やCT、マイクロスコープでのお口の中の拡大画像をお見せしながら、今日どんなところをどう治療するのかを詳細にご説明致します。

歯科治療は、何をされているのかわからないという意見を聞きます。そういう不安は痛みをさらに大きくしてしまうことがあります。
自分がどういう治療をされているか分かること、不安のない状態で治療に臨んで頂くことが、お痛みに対しても、まず最初の大きな配慮となると思います。

2. 最も重要な麻酔自体も痛くないような配慮をしています

実際に治療にあたる際に、麻酔をしっかり効かせることは重要ですが、麻酔自体が痛くないように配慮することも重要と考えています。
そのためにまず、表面麻酔をじっくりと効かせます。表面麻酔は、あまり意味がないという考えもありますが、時間をかければ針の痛みをかなり軽減できることを実感しています。

麻酔の針は、挿入時の痛みが少ない非常に細いものを選択しています。
入れる時の圧力も重要です。決して乱暴にせず、入ったか入らないかわからないくらい丁寧に針を入れることで、痛みはほとんど無く麻酔に入れます。
麻酔の痛みは、実は針を入れる時と、麻酔薬を入れる時にも感じます。それを軽減するには、麻酔薬を入れる圧力も最小限にし、さらにゆっくりと一定の同じ圧力で入れていくことが重要になります。

ゆっくりと一定の圧力で入れると、ほとんど痛みを感じなくなります。
それは、人間の指でも可能ですが、さらに精密に圧力をコントロールするために当院ではコンピュータ制御の麻酔注入器「オーラスター」を導入しております。
オーラスターは、ボタン一つで麻酔の注入の圧力を痛くない圧に自動的に調整し、さらに同じ圧力を麻酔が終わるまで持続させます。
患者様にもとても評判がよく、多くの患者様に「麻酔が終わるまで全く痛みを感じなかった」とおっしゃっていただけています。私の治療には欠かせない相棒です。

3. 麻酔がしっかり効くまで治療に入りません

麻酔薬が歯に効いてくるには、歯肉に溜まった麻酔薬が骨を浸透し、根の先の神経に到達して初めて効いてきます。
つまり、すべての歯に麻酔をしたからすぐに効いてくるわけではありません。骨の厚みや、根の位置によっては数分かかってくることもあります。

当院では、患者様一人ひとりに十分な治療時間をとるため麻酔薬がしっかり浸透するのを待ち、痛みがないことをしっかりと確認してから治療に入ります。
麻酔は、ケースバイケースで効きが悪くなってしまう場面があります。そういうときは更に時間をかけ、追加しながら痛みがなくなるのをしっかりと確認致します。

4. 治療中の痛みの配慮は、術後の痛みの軽減につながります

治療中に気をつけていることは、どんな処置でも丁寧に行うことです。
歯科治療は乱暴に行っても絶対にいい結果は出ません。深い虫歯を削って神経に到達してしまったとしても、それをいかに丁寧に扱うかが術後の痛みの軽減につながるかは言うまでもないと思います。さらに、根拠に基づいた診断、治療方法を行うことで、治療する歯に最も適切な治療を行えます。適切な治療はいい結果を生み、そして術後の痛みも軽減できます。

また、お声がけも常に行い、さらに、患者様の体動にもいつも気を配っています。私は常にマイクロスコープの拡大した視野の中で治療しているため、見逃さないようにアシスタントには、患者様に最大限の注意を払うように指導しています。また、患者様によっては痛みがあっても言いづらく我慢されてしまう方もいらっしゃる事を経験しています。私の治療ではどんなことでも遠慮なく言っていただいて大丈夫です。安心して手を上げて痛みがあることを教えて下さい。

5. マイクロスコープ診療は痛みにも大きな効果があります

マイクロスコープでお口の中を拡大して見て治療することは、削る量を最小限にすることもできますし、神経に対してもピンポイントで治療することができ、結果的にお痛みの軽減に大きな効果があります。

また、マイクロスコープでしか発見できないような小さな虫歯は、早期に発見できたことで、治療で削る量は非常に小さく痛みの少ない治療に繋がります。
マイクロスコープはただ拡大して治療するツールではなく様々な痛みへの効果があると考えています。

6. それでも、術後痛は出てしまうことはあります。そのための対処も迅速に行います。

根管治療を受けた後は、術後痛が出る可能性は、どんな状況でも数%と報告されており、配慮を行っていても、中のばい菌が暴れてしまうと術後のお痛みにつながることがあります。(専門用語でフレアアップといいます)
術後痛は、適切な鎮痛剤を服用していただくことでかなり軽減することが可能です。お痛みがあるようでしたらすぐにご連絡頂くか、遠方の方は予めお薬をお渡しすることで対処致します。夜間でも痛みの対処ができるように連絡が取れるように致します。

お痛みへの不安はとても良くわかります。最大限の配慮を致します。
歯を治すことに不安にならず、どんなことでもご相談ください。

あきらめないで、ご相談ください

このような専門的な知識とテクニック、設備を用いることで、今まで残すことが難しいと考えられていた歯を保存することが可能になってきました。

何度も腫れを繰り返している、痛みが全く取れない、他のクリニックで抜歯することになった、綺麗な歯を入れるための基礎工事をしっかりやっておきたいなど、歯を残すことについてどんな小さなことでもご相談ください。

少しでも歯のお悩みの解決の力になれれば嬉しいです。

患者様の大切な歯を守るための
精密治療を提供します

精密な治療を提供するための
「マイクロスコープ治療」
マイクロスコープ治療
歯科用マイクロスコープを用いた
「精密根管治療」
精密根管治療
大切な歯を失わないための
「歯髄保存治療」
歯髄保存治療
精密に、そして美しく
「修復治療」
修復治療

精密根管治療・歯髄保存・修復治療 専門

恵比寿ヘンミデンタルオフィス

〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西2-2-8寿豊ビル4F

TEL 03-6712-7111
  • JR山手線「恵比寿駅」各徒歩4分
  • JR埼京線「恵比寿駅」
  • JR湘南新宿ライン「恵比寿駅」
  • 東京メトロ日比谷線「恵比寿駅」
           

精密根管治療・歯髄保存・修復治療
恵比寿ヘンミデンタルオフィスへのご予約はお電話にて

TEL 03-6712-7111
診療時間
10:00-13:00 -
14:30-19:00 ※1 ※2 -

※1 火曜日 18:00まで/※2 水曜日 17:00まで
休診日:日曜日/祝日